アイルランド基本情報

|アイルランド観光ガイド|阪急交通社

阪急交通社ホームページ内では、あらかじめ出発地を設定しておくことができます。
設定を変更する場合は、もう一度指定してください。

閉じる

出発する地域を選択

海外航空券+ホテル

アイルランド基本情報

旅に役立つ情報満載阪急交通社が提供

アイルランド基本情報|アイルランド観光ガイド

アイルランドの概要

アイリッシュ海を挟んでグレートブリテン島の西側に浮かび、ケルトの文化が息づく緑豊かな美しい島国。アイリッシュウイスキーやギネスビールでも知られています。

  • ■正式国名:アイルランド共和国 Ireland
  • ■首都:ダブリン
  • ■人口:約459.5万人
  • ■面積:約7万273km²
  • ■人種・民族:アイルランド人、その他
  • ■宗教:キリスト教、その他
  • ■言語:アイルランド語、英語、その他
  • ■通貨:ユーロ
  • ■時差:-9時間 アイルランドが正午のとき、日本は午後9時
  • ■サマータイム:3月の最終日曜日〜10月の最終日曜日は-8時間 アイルランドが正午のとき、日本は午後8時
アイルランド国旗
国旗のウンチク

緑はケルトやカトリック、オレンジはプロテスタント、白は両者の協調を表しています。

アイルランドの気候・服装

暖流(メキシコ湾流)の影響で、高緯度にも関わらず年間を通して穏やかな気候。ただし、にわか雨など1日のうちで天気が変わりやすいので、服装には注意が必要です。

アイルランドの春にあたる4~5月は、体感的には東京の3月頃の気候と考えてよいでしょう。長袖シャツに薄手のコートをはおる程度で対応できます。
最も暑い7~8月でも最高気温が30度を超えることはめったにありません。日中は半袖シャツで過ごせますが、朝夕は冷え込むので長袖シャツを用意。
9月頃から徐々に気温が下がり始め、肌寒さを感じます。セーターやマフラーなどの防寒着を持っていきましょう。11月にはコートが欲しくなる日も。
最も寒い1~2月は0度以下に冷え込むことがあり、東京の真冬より防寒対策をしっかり。厚手のコートやセーター、肌着、靴下、マフラーは必需品。
ダブリン・東京 気温表 / 降水量グラフ

※ダブリンの平均気温は理科年表2009年版より、降水量は世界気象機関HPより(1961-1990年の平均)
※東京の平均気温、降水量は気象庁HPより(2012年)
※イベントの時期は例年の目安です。

アイルランドの祝祭日

  • 新年:1月1日
  • ジューン・ホリデー※:6月第一月曜日
  • 聖パトリックの日:3月17日
  • オーガスト・ホリデー※:8月第一月曜日
  • 聖金曜日※:4月14日
  • オクトーバー・ホリデー※:10月最終月曜日
  • イースター※:4月16日
  • クリスマス:12月25日
  • イースター・マンデー※:4月17日
  • 聖スティーブンの日:12月26日
  • メイ・ホリデー※:5月第一月曜日

※は移動祝祭日のため毎年変わります。上記は2017年の祝祭日です。
※祝祭日はOTOA日本海外ツアーオペレーター協会より引用しています。

ベストシーズンは?
アイルランド観光のベストシーズンは日照時間が長く暖かい5~9月。真夏の7~8月も日中の平均最高気温が20度以下と涼しく、快適に過ごせます。
  • ダブリン グラフトン通り
  • 日が長く夜も明るい真夏のアイルランド
春を告げる聖パトリック・フェスティバル
3月17日はアイルランドの守護聖人・聖パトリックの記念日。緑色のものを身に付け祝い、首都ダブリンをはじめ、各地でパレードが行われます。
  • 聖パトリック・フェスティバル
  • クリスマスよりも盛り上がるお祭り

アイルランドのおすすめツアーはこちら

条件を指定してツアー詳細検索

海外航空券を探す

旅行形態
2都市以上滞在(周遊)や
往路・復路で発着地が異なる旅程(オープンジョー)はこちら >>
出発日
現地出発日
出発地
目的地
人数
大人 12歳以上
子供 2~12歳未満
幼児 2歳未満
年齢について >>
航空会社
座席クラス
出発時間帯
現地出発時間帯
直行便
帰国便の現地変更
制限付き航空券

検索条件を追加する +

空席のあるフライトを検索する

現地生情報
最新記事をもっと見る
旅雑貨

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

アイルランド基本情報|アイルランド観光ガイド|阪急交通社

Copyright©2017 HANKYU TRAVEL All rights reserved