青森の観光

|東北観光ガイド|阪急交通社

海外航空券+ホテル

旅コーデ

青森

旅に役立つ情報満載阪急交通社が提供

青森|東北観光ガイド

▲恐山菩提寺、八甲田山ロープウェイ、奥入瀬川
■自然と調和した美しい街と大自然

青森県は三方を海に囲まれた本州の最北端にあり、世界遺産の白神山地、八甲田連峰や神秘の十和田湖、そして十和田湖から流れ出る奥入瀬渓流など、豊かな自然に恵まれています。

また弘前は城下町として約400年の歴史を誇り、津軽塗などの伝統工芸品を生み出しました。津軽といえば、忘れてはならないのが太宰治。彼の生家は今も金木に「斜陽館」として保存されています。

青森|青森県 地図
もっとナビ!! 十和田・奥入瀬渓流は見どころ満載

八甲田の雪の回廊を縫って十和田湖へバスが走る早春にはじまり、新緑や深い緑に包まれる初夏から夏、紅錦に染まる秋、そして近年は十和田湖冬物語が開かれる白銀の季節も人気。

青森|十和田湖

有名な乙女の像が立ち、遊覧船が発着する休屋エリアが、十和田・・・もっと詳しい情報へ>>>

大間崎
青森|大間崎
津軽海峡を隔てて北海道までわずか19kmの下北半島の突端。本州最北端の碑が立ち、晴れた日には北海道の山並みが見渡せます。
仏ヶ浦
青森|仏ヶ浦
高さ100mもの絶壁や奇岩が3kmにわたって続く下北半島西岸の海岸線。岩には仏にちなむ名が付けられ、この世とは思えません。
十和田湖
青森|十和田湖冬物語
標高約400mの地に、二重のカルデラ壁に抱かれ青藍色の水を湛える周囲約44kmの湖。新緑や紅葉に染まる時期は格別の美しさ。
八甲田山
青森|八甲田山
青森市と十和田湖の間に連なる北八甲田10座と南八甲田6座からなる連峰。裾野には数多くの沼や湿原が息づいています。
奥入瀬渓流
青森|奥入瀬渓流
十和田湖に源を発し、樹海を縫って流れ下る東北屈指の渓流美。約14kmにわたり銚子大滝や三乱の流れなど見どころが随所に。
弘前城
青森|弘前城
岩木山を望むかつての津軽十万石の城下町。弘前城を中心に古寺や往時の古い町並み、明治時代の洋館などが残りレトロな雰囲気。
青森
青森|青森・ベイエリア
ねぶた祭で知られる、陸奥湾に面した本州最北の県庁所在地。駅前ビル地下1階には新鮮市場があり、採れたての魚介がずらり。
恐山
青森|恐山
高野山、比叡山に並ぶ日本三大霊場のひとつ。下北半島の荒涼とした風景の中に佇み、イタコの口寄せで知られる最北の霊場。
龍飛崎
青森|龍飛崎
太宰治が小説『津軽』の中で「本州の極地」と記し、昭和の歌謡曲でも「北の外れ」と歌われた津軽半島最北端の岬。
十和田湖冬物語
青森|十和田湖冬物語
雪燈籠がともる幻想的な冬の十和田湖畔で開催。乙女の像のライトアップ、冬花火の打ち上げ、津軽三味線ライブなどが行われます。
日本キャニオン・十二湖
青森|十二湖・青池
白神山地の広大なブナの森に散りばめられた神秘の湖沼群・十二湖と、周囲の緑に映える日本キャニオンの壮大な断崖美。
金木・斜陽館
青森|金木・斜陽館
『斜陽』『人間失格』などの名作を著した太宰治の生家。明治40年に建てられた豪邸で、昭和の流行作家の生い立ちが窺われます。
岩木山
青森|岩木山
標高1,625m。広大な裾野をもつ優美な姿から「津軽富士」とも呼ばれ、リンゴ園と岩木山の取り合わせは、津軽を代表する風景。

東北旅行のおすすめツアーはこちら

おすすめの宿はこちら

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

青森の観光|東北観光ガイド|阪急交通社

Copyright(C)2017 HANKYU TRAVEL INTERNATIONAL CO.,LTD. All rights reserved